アプリとランディングページを同時に作成する意義

スマートフォンやタブレットが大きく普及していることによって、色々なアプリを利用する方が増えています。利用者にとって便利な機能やメリットのある機能を備えたアプリなら、有料で販売したとしても売れることでしょう。あるいは、ユーザーからの課金ではなく、広告収入を狙うという道もあります。また、アプリの制作には原材料が不要ですし、在庫を抱える必要もありませんから、コストがあまりかからないメリットもあります。そして、開発したアプリはiPhoneの場合はApp Store、AndroidであればGoogle Playで公開し、宣伝することができます。しかしながら、それだけでは宣伝は十分とは言えません。なぜなら、新しい製品は日々どんどん増え、情報はどんどん更新されていくからです。

そこで、ランディングページを作成し、ユーザーにアピールするという方法が考えられます。仮にアプリの制作を外注しているのであれば、ランディングページの作成もまとめてお願いした方がコストダウンに繋がる可能性が高いと言えます。加えて、大幅に作成の手間を省くことも出来るでしょう。なぜなら、制作会社はアプリの制作に関わっている分、商品に関する情報を熟知しているからです。つまり、アプリ制作とランディングページ制作の両方に対応できるような業者を選んでおくことが望ましいと言えます。

また、アプリのランディングページを作成する場合は、PCのユーザーではなくスマートフォンやタブレットを使用する人々に訴求する内容でなければなりません。そして、スマートフォンやタブレットの特性上、コンテンツは出来るだけシンプルにする必要があります。文章で細かいアプリの説明を行うのではなく、何ができるのか、それによって生活がどんな風に変化するのかを端的に説明する必要があります。つまり、PC向けのランディングページのように長いものではなく、コンパクトにシンプルに仕上げるべきです。シンプルな内容に仕上げるのであれば、自社で作成することも不可能ではありません。スマホ用のランディングページを簡単に作成できるツールもインターネット上にはたくさん見られるからです。しかしながら、動画でユーザーに訴求したいというケースや、クオリティの高いランディングページに仕上げたいというケースでは、制作会社に依頼したほうが良いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です