アプリのスマホ版ランディングページを作成する際に注意したい事

スマホが普及するにつれて、スマホ向けにランディングページのデザインをしたいというニーズが増えています。実際に、PC版のランディングページに加えてスマホ版を追加したことで、売り上げがおよそ3倍も上がったケースもあります。特にBtoC関係の企業において、スマホ版のランディングページの需要が高まっている傾向があります。またアプリのランディングページ作成も、近年、増加しています。ただしデザインを工夫しないと、スマホの小さな画面では見にくくなってしまいますので、ユーザーの立場に立った構成が決め手となります。また PC版をそのまま移行するのではなく、テキスト量は短めに調整する方が良いです。 PC版は広い画面を活用することが前提なので、通常、できるだけ多くの要素を盛り込んでいますが、スマホ版に長いテキストや、多すぎる要素は不向きです。大量の説明文があるだけで、ユーザーの離脱率は高まりますので、注意が必要です。そのため、PC版と同じコピーやテキストを使うことはおすすめできません。

また適切な文字サイズを使用しないと、ユーザーにストレスがかかります。小さい文字サイズはもちろん、大きすぎる文字も読み手に負担となります。そして適度に改行を行い、空白の行を入れると見た目がすっきりします。たとえ優れたキャッチコピーであっても、ユーザーが読みづらいと感じるなら失敗です。さらにアプリのランディングページでは、あまり画像を多くしすぎない ことも大切です。コンテンツによっては、写真のサイズを大きくしたレイアウトも有効ですが、全体のバランスを考えることが重要です。また画像枚数が多い場合も考えて、コーディングの時に高画質のまま軽量化する必要もあります。

その他、スマホでは情報を表示面積が狭いため、自分がどのようなコンテンツを見ているのか、明確にわかるようにすべきです。見出しの大きさだけでなく背景色に気を配り、今、読んでいる箇所がどの見出しに対する説明なのか、すぐにわかることが大切です。さらにPCは横型の長方形のモニターが基本ですが、スマホは縦型のモニターなので、レイアウトにも工夫が必要になります。またランディングページは1ページで完結することが基本ですが、場合によっては、メインとサブの2ページ構成になることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です