iphoneアプリのランディングページ制作時の注意点

アプリビジネスをする際に重要となるのが、ランディングページです。iOSならApp Storeで宣伝できますが、最近では新作が1か月に数万以上公開されるため、インストール率が高いものを目指すならランディングページは必須です。またランディングページは、自動で制作を行ってくれるアプリもあります。アプリの名称と機能説明、そして画像を設定するだけで、手軽にページが生まれます。ただしこの自動生成サービスで仕上がったページは大変シンプルなので、コンバージョン率を向上させるには、もっと工夫が必要です。その際、海外アプリのティザーサイトはデザインの面で参考になります。ティザーサイトは、開発中の人気商品をユーザー向けに宣伝しているサイトですが、少しずつ情報を提供することで、期待感や購買欲をあおる心理効果があります。構成やコンテンツも優れているので、サイト制作の初心者には勉強になります。ただし日本語ではマッチしないデザインもあるため、注意が必要です。

またアプリは、iphoneとAndroidの2つのプラットフォームでそれぞれ特徴があります。特にiphoneにとってファーストビューは重要で、画面サイズに合ったインパクトのある画像を配置する必要があります。その時、フォントのサイズも考慮することが大切です。また下方向にスクロールして読ませていくランディングページでは、iphoneユーザーの目の動きも考えてレイアウトを作成すべきです。iPhoneユーザーを意識したランディングページを作るには、やはり制作実績の豊富な専門業者に依頼するのが得策です。

さらにiphoneとAndroidではユーザーにも、違いがあります。例えばiphoneユーザーは、Androidユーザーより20代30代の若い世代が多い傾向にあります。また、Androidを使っている人で年収1000万円以上の人は全体の約24%であるのに対し、iphoneユーザーで年収1000万円以上の人は約41%という調査結果もあります。さらにAndroidユーザーには機能性重視の人が多く見られますが、iphoneの愛用者は、Appleのブランドに魅力を感じていることが多いです。iphoneアプリ用のランディングページを制作する場合は、このような特徴も踏まえて制作することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です