イラストレーターを使用してのランディングページの作り方

日常生活でインターネットを使用すると、私たちが意識しなくても様々なランディングページを目にする機会があります。その中でもインパクトのある、お洒落なランディングページというのは、ユーザーが最後まで目を通したいと思うような、見ている側を引き付ける魅力があるはずです。
例えばランディングページのトップページに、インパクトのあるロゴを入れるだけで、ただ文字を羅列してテーマを入れるよりも格段に見え方が違ってきます。また、写真や文字の他に、ちょっとしたイラストを入れるだけでもページ全体の印象が変わってきます。ランディングページというのは縦に長いので、見ているユーザーが飽きないように一工夫する事で、最後まで見てもらえる確立が上がります。なぜなら文字の羅列だけでは見ている側が疲れてしまいますし、イラストを添えるだけで伝えたい情報をシンプルに、分かりやすくみせる事ができるからです。
イラストレーターを使用したロゴや、イラストの作り方をマスターすれば、魅力的なデザインのランディングページを作る事ができます。イラストレーターは、ペンツールの使い方をマスターしてしまえばそれ程難しいことはありません。手で線を描くのとは違い、画面上なので最初は感覚が掴みにくいと思いますが、一旦慣れてしまえば簡単です。ペンツールは、曲線を描く際に思ったように描けなくても、白の矢印「ダイレクト選択ツール」でオブジェクトのパスをクリック&ドラッグする事で、修正する事もできます。このダイレクト選択ツールの使い方をマスターすれば、ロゴの作り方をマスターしたも同然といえるでしょう。ロゴはイラストよりも簡単に作成する方法があります。まずはイラストレーター上で一番シンプルなゴシック体のフォントで、作りたい文字を打ち込み、その文字を「アウトライン化」することで、文字を「イラスト化」し、ダイレクト選択ツールやペンツールを使って好きな形に変えることができます。ペンツールに慣れてくれば、鉛筆ツールで自由に描きたい線を描くこともできるでしょう。鉛筆ツールを使ったイラストは、ペンツールを使ったイラストより手書き風の色合いが強く、温かみのあるデザイン、親しみのあるデザインをランディングページに盛り込みたい時には最適でしょう。鉛筆ツールは不慣れなうちはがたがたとした曲線しか描けず、ストレスになるかも知れませんが、慣れてしまえばより自由に、描きたいものを描くことが出来ますし、不要ながたがたの曲線はペンツールでアンカーポイントを削除する事で滑らかにする事もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です