androidアプリやブラウザに最適化したランディングページの作成

androidは、スマートフォンやタブレットに広く使われているモバイルOSであり、現在では非常に多彩なジャンルのアプリがアプリストアなどで公開されています。android搭載のスマートフォンやタブレットはデスクトップパソコンと比較してディスプレイが小さい事が多々ありますので、そのディスプレイに表示した際に見易くなるレイアウトを採用してランディングページを作成していきます。ランディングページは、オンラインショップなどのECサイトへ誘導する事を目的にした宣伝専用のページですので、自社製品やサービスの魅力を的確に消費者に紹介していく工夫をします。

Androidユーザーを意識したランディングページを作成する事で、リピート率が高いスマートフォンユーザーにコンテンツを読んでもらって、商品やサービスに関する知識を理解してもらって、それらの購入や利用に繋げていく事が出来ます。androidユーザーは、アプリを通してオンラインサービスを使う事がありますが、パソコンと同様にブラウザから検索エンジンを使って検索を行い、情報を調べるというアプローチでWebを利用する事が多いです。android搭載スマートフォンやタブレットでランディングページにアクセスしてもらうには、パソコン向けのSEO対策に加えて、モバイル端末向けのSEO対策も実施しておきます。レイアウトはスマートフォンのディスプレイや操作方法に適していますので、レスポンシブデザインを採用しておけば、特にPC向けとモバイル端末向けのデザインを意識する必要がありませんが、CSSクエリを使えば、ディスプレイサイズ毎にCSSを場合分け出来ますので、明確にデザインを分けておきたいのであれば、CSSクエリを使うのが良いでしょう。

android搭載端末は常にインターネットに接続しており、ユーザーの手元にありますので、企業としてはパソコンよりも宣伝機会を増やせるのでモバイル端末向けのランディングページを用意して公開する事は効果的です。スマートフォンやタブレットは、タッチパネルで操作を行いますので、指やスタイラスペンでタッチがしやすいボタンを配置したり、見易い文字サイズに調整したりします。モバイル向けのページはデザインが画一的になりますので、ライブラリを活用して演出を行い、消費者に興味を持たせるようにすると最後までコンテンツを読んでくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です