ios向けアプリに適したランディングページによる展開

ランディングページは、PC向けサイトで展開される事が多いですが、近年では、ユーザーがスマートフォンやタブレットを使ってサイトを閲覧するスタイルが定着している事から、企業はモバイルサイトに関してもランディングページを展開していく必要があります。iosを搭載したモバイル端末を使うユーザーは多く、ios向けのアプリやサイトにランディングページによる宣伝を行えば、宣伝を見てくれる人々が大幅に増加します。ios向けのアプリにはブラウザ機能を搭載する事が出来ますので、アプリを開発する段階でブラウザ機能を搭載しておきます。更に、そのブラウザ機能でランディングページを閲覧出来るようにしておけば、アプリに対しても効率的な宣伝を行えます。

イケてるランディングページデザインを実現する事で、消費者に注目される環境作りが行えます。レイアウトや配色、商材写真の組み合せ方によって、ページの雰囲気は大幅に変わります。レイアウトは基本的に縦方向にスクロールするように、縦長にコンテンツを並べていくスタイルになりますが、大枠の部分を縦長にして細部を複数のカラムで構成するといった事も行えます。しかし、モバイルサイトとPCサイトのソースコードを共有したいのであれば、出来るだけ構造をシンプルにしておいた方が良いでしょう。商材写真は、消費者が商品やサービスをイメージするのに重要な役割を担っていますので、スタイリッシュでオシャレなイメージを抱きやすい写真を用意しておいた方が宣伝効果が高まります。

ios向けのアプリで宣伝する手段としてはランディングページは適しています。レイアウトがモバイル端末のディスプレイにマッチしていますので、消費者にも閲覧がしやすくなっています。ランディングページによる宣伝は、宣伝によって商品やサービスに興味を持ってくれた消費者をオンラインショップへと誘導する効果を引き出すのが役割となっています。コンテンツの構成は、最初にどのような商品やサービスの宣伝であるのかを明示し、通常価格よりもお得感がある事を強調し、その後に商品やサービスについての説明や利用者のレビューを掲載していき、最後にオンラインショップへ誘導するといったものがスタンダードです。最後までコンテンツを読んでもらう工夫をする事で売上に繋がってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です