無料ツールで売れるスマホアプリのランディングページを作ろう

ネット通販の商品が当該Webサイトに幾つもあると、ユーザーは迷い始めた結果、離脱してしまうかも知れません。その原因は、一つの商品に絞り込んでない事が、影響している可能性があります。つまりターゲット商品が一つしか無ければ迷いようが無く、そして少しでもユーザーが興味を示してくれるのであれば、写真や文章等を読み進めてくれる可能性が高くなります。この様なページをランディングページと呼び、コンバージョン率を上げる為の有効な方法とされています。
以前はパソコンからネット通販等のサイトへ訪問するユーザーが多い傾向にありましたが、徐々にスマホからのアクセスも見逃せない程の伸びを示して来ました。どちらにしても、売れるランディングページを作るには、まずキャッチコピーに拘る事が大切です。良く目立つフォントや色使いだけでは無く、具体性のある数値を入れる事によって、ユーザーに説得力をアピールします。勿論、写真やイラスト等の画像を適宜入れて、ユーザーの関心を繋ぎ留める事も必要です。例えば、自転車でダイエットがテーマであれば、ダイエットをする事になった背景やエピソード等を書いて行きます。ポイントは、事務的に成らないように感想も織り交ぜながら、経過を書き連ねて行きましょう。最後にまとめとして辛い時期もあったけれど、諦めずに継続する事でダイエットに成功した事と、利用した自転車の紹介も写真と共に掲載すると、自転車の購入者が増える可能性が出て来ました。その後に、購入ボタンを目立つようにして設置すれば、コンバージョン率は上がる可能性は期待出来ます。
さて、今ではランディングページの作り方は、パソコンだけに留まらずに、スマホアプリにも対応する事が求められています。そして、無料で利用可能でありながら、スマホアプリのランディングページ制作ツールが幾つか登場し、中には利便性の高い拡張機能を備えた代物もあります。例えば、パソコンのディスプレイはスマホ画面より、広いのは明らかでしょう。そこで、僅かな設定を施しただけで、自動的にパソコンバージョンとスマホバージョンを検知して、切り替えてくれる無料で利用可能なツールも存在します。また、売れるランディングページを作る為には、スピードは見逃せないポイントです。しかし、スマホ自体の演算処理能力や実効速度も、端末毎に異なりますから、いくら写真画像が必須と言っても、スピードとバランスを取る事が大切です。
ユーザーの離脱率を極力抑える為には、十分なテストをして最適解を見つけましょう。そうすれば、結果として売れるスマホアプリのランディングページが作れるでしょう。つまり、無料でLP制作をする為には、スマホと相性の良いツール選びが大切と言うことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です