アフィリエイト用のランディングページの作り方と注意点

アフィリエイト用のサイトでは、訪問者のニーズを意識してLPを作ることが重要です。LPとはLanding Pageの頭文字で、ランディングページのことです。アフィリエイト用のランディングページでは、訪れた特定のユーザーに対して商材やサービスの説明を行い、公式サイトへ誘導します。最終的な目標は商品購入です。資料請求型のアフィリエイトであれば、所定のフォームから行われる資料請求がゴールです。

このランディングページは1ページ完結型になっていることが多く、訪問者は下にスクロールしながら情報収集を行います。途中に他のサイトに移動するリンクが貼られていないのも、大きな特徴です。そしてアフィリエイトで収益を出すランディングページの作り方としては、まず商品やサービスに合った画像を選ぶことが重要です。例えば子供や動物の画像の中には、人を癒すものが多くありますが、商品によっては見当違いになります。常にユーザーの身になって画像を選択していくことが、収益アップにつながります。

さらにランディングページの作り方としては、テンプレートをダウンロードして利用するのも良い方法です。日本には、優れたテンプレートをダウンロードできるWEBサイトが複数ありますが、海外のサイトも参考にすると、レイアウトの幅が広がります。またページに記載するキャッチコピーには、十分、気を配るべきです。訪問者のニーズに的確に訴える言葉を選べば公式サイトへの誘導も楽になり、コンバージョン率も向上します。そしてターゲットがもつ問題や悩みを言い当てるようなフレーズなら、最適です。メインコピーの他に、サブコピーも用意するとさらに良いです。
またアフィリエイトでは、特にユーザーの気持ちに寄り添うような文章がふさわしいです。堅苦しい言い回しや、長過ぎる文章は避けるべきで、テキストだけでページを埋めるのもよくありません。購入してほしい商品については必ず大きめの写真を入れて、イメージしやすくします。また購入することによって、どのようなメリットがあるのかを丁寧に描写することも必須です。商品そのものの説明と同時に、購入することで得られる状態を説明することが大切で、これによって購入率が高まります。さらにランディングページにSEO対策を行うことで、訪問者を増加させることが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です