スマホアプリのランディングページを制作する際のポイント

スマホアプリのランディングページを制作する場合、押さえておきたいポイントがいくつかあります。
このポイントは、パソコン向けのランディングページを制作する場合とは異なるものです。
そもそもスマホアプリを探す場合に使用する端末は、パソコンではなく、圧倒的にスマホが多いのが当然です。
その為、パソコン向けの作り方では、成果の上がるランディングページとならない事も少なくありません。
そこで、これから紹介するポイントをきちんと押さえて制作する事をオススメします。

まず、レスポンシブを重要視しないというポイントです。
レスポンシブとは、画面のサイズに応じて、自動的にデザインを調整するというものです。
効率良く運用を行う事が出来る上に、予算面から見ても経済的です。
しかし、スマホではいくらレスポンシブを実施したところで、どうしてもデザインの制限を受ける事になります。
その為、レスポンシブを重要視せずに、スマホを意識したランディングページを一から制作する事が大切です。
続いて、パソコン向けの内容をそのまま掲載しないというポイントです。
パソコン向けの内容をそのまま掲載した場合、縦に長いランディングページになってしまいます。
一般的なスマホユーザーは、ページ全体の上部3割程度を閲覧したら、離脱するといったデータがあります。
このデータを踏まえれば、縦に長いランディングページはただユーザーを離脱させる事になり、成果には繋がらない事が一目瞭然です。
そこで、パソコン向けの内容を出来るだけシンプルかつコンパクトにまとめて掲載しましょう。

また、ユーザーを分析するという事も、重要なポイントです。
端末ごとのインターネット接続状況のデータを見てみると、44歳以下ではパソコンよりもスマホを利用したインターネット接続が増加傾向にあります。
しかし、45歳以上はスマホよりもパソコンを利用したインターネット接続が多いと言われています。
さらに、スマホを利用する時間は、男性よりも女性の方が長いというデータもあります。
こうしたデータを活用し、スマホ向けでは若い女性をターゲットに、パソコン向けでは主婦全般に向けたランディングページを制作すると、成果に繋がりやすくなります。
こうしてユーザーを分析する事で内容を変えるという事は、非常に重要です。
その為、これらのポイントを押さえた上で、スマホアプリのランディングページを制作するように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です