ゲームアプリのランディングページの作り込みが明暗を分ける

現在あるさまざまなビジネスモデルの中でも、特に大きな市場を持っているビジネスが「スマートフォンアプリ」です。ゲームや便利系アプリなど、多種多様な目的で使用できる商品がゲームストア内で扱われていて、老若男女を問わず利用されます。一昔前なら、「コンシューマーゲーム」を開発、販売している会社が潤っていましたが、現在はスマートフォン向けの商品を開発、販売している会社が潤っています。

特に、Androidに関しては自由度が高く、誰でも比較的簡単にサービスを提供することができます。サーバー管理によって維持しなければいけないものの場合は設備投資が必要ですが、いわゆる「売り切り型」のコンテンツを作成、販売するのであれば、特別な設備などは必要としません。多少、パソコンのスペックによって開発環境が左右される部分はありますが、専用設備が必須ではない分、ハードルは低めです。

法人としてプロジェクトを組んで取り組むことも多いですが、個人が趣味で開発したアプリが莫大な利益を生み出すことも珍しくはありません。当然、結果を左右する大きな要因は「作品のクオリティ」によりますが、いかに優れた作品だったとしても【セールスプロモーションによってまったく違う結果になる可能性】があることをよく理解しておかないと、本来期待できる結果を得ることは難しくなります。

スマートフォンアプリのセールスプロモーションにはさまざまな方法があります。とりあえずストアに登録して利用者の口コミ、レビューによって販売数を伸ばそうという考え方は、時間はかかってしまうかもしれませんが時に爆発的な売り上げにつながる可能性もある方法です。何よりも、作品のクオリティ自体が評価された結果なので、本来の評価を得られないリスクが少なく済みます。

しかし、この方法では非常に効率が悪く結果を不安定になってしまうため、「WEB広告」などで一定数の需要を確保することも大切です。WEB広告の方法として、ランディングページを作成して作品の特徴を訴求する方法は基本的なものですが、ランディングページに誘導するためのきっかけを準備することも大切です。

とにかく大切なことは「認知されること」であり、きっかけとなる広告にはインパクトが必要です。また、ランディングページ作成時の注意点は【分かりやすく購入意欲を刺激できるものにする】ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です