売れるネットのポイント、ランディングページとは

インターネットではさまざまな方法の広告が溢れています。このためさまざまな工夫をすることでアクセス数をアップすることができますが、せっかくアクセス数を増やすことができてもさらにその先の商品を売り込むといったことに結実できなければ無駄になります。
このため売れるネットを作るさいのポイントとして、ランディングページの存在があります。売れるネットでは、アクセス数をアップするだけでなくその一歩先の商品の売り込みを行うことが重要です。通常、広告を出した場合にはさまざま場所からアクセスが行われますが、広告を出している場合には特定のページにアクセスさせることが可能です。このため最初にアクセスするページを専用のものにすることで、アクセスしてきた人たちにより興味を持って商品の紹介をすることができます。

この最初にアクセスするようにしたページをランディングページといいます。ランディングページの良し悪しで、顧客獲得数を劇的に増やすことも可能とされており、反対に言えばランディングページが悪ければせっかく売れるチャンスも無駄になってしまいます。このため売れるネットを作るためにも重要なポイントになります。

ランディングページの基本としては、アクセスしてくる人に対してどのような商品であるかを調べることが目的であり、第一には興味を示してもらうデザインであることが重要です。このため顧客層に応じて作り方は工夫する必要があります。顧客層としては普通に商品を購入したいと思っている人のほか、企業向けのBtoBやエステや結婚式などのサービス、無料会員または有料会員を増やしたいといった場合、資料請求の数を増やしたいといったものが考えられます。いずれの場合にもそれぞれに特徴があり、例えばサービス関係の売り込みでは写真などのイメージが重要ですしBtoBでは機能に関する情報提供が重要になってきます。

またいずれ共通していることは、わかりやすいキャッチコピーを使うのは基本で、文章も簡潔にまとめることも大切です。長い文章は読み手を飽きさせる可能性があります。また字を大きくしたりして強調するといったことも工夫するポイントといえます。そして欠かせないのが最終的に商品の購入を促すことでもっとも重要なポイントです。

一方でテンプレート型なものでも商品に魅力的であれば十分ですが、競合相手が多い場合などにはほかにない工夫が必要になってきます。特に最近増えている方法としてはマンガ型のもので読みやすさから売れるネットのランディングページとして注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です