ブラウザアプリでの表示を意識したランディングページのデザイン

スマートフォンには、標準でブラウザアプリが搭載されていますが、このブラウザアプリ上で綺麗に読み易いランディングページのデザインを心掛けていく事が多くの人々にランディングページを読んでもらう機会を増やす事になります。ランディングページ作成時はデザインを意識していく必要がありますが、スマートフォンなどの端末はタッチパネルを採用していますので、パソコンと比較して、縦スクロールでコンテンツを読むのに適しています。その為、シングルページ構成のランディングページはデザインがしやすい形のWebページであり、縦スクロールで最後までコンテンツを読み進めてもらう為の工夫を行います。

ブラウザアプリに採用されているHTMLレンダリングエンジンは基本的にはPC向けの物をベースに作られていますので、ランディングページの場合は、PC向けとモバイル向けのデザインを同じにしてディスプレイの横幅に応じて文字サイズなどが自動的にデバイスに合った物で表示されるようにした方が読み手に読んでもらいやすくなります。一方で、検索エンジンへの最適化を図る必要があり、ビッグワードと商品に関するキーワードを組み合わせて文章コンテンツを作成していき、複数のページを公開してアクセスが多いページだけを残すABテストを実施する事で、検索エンジンの最新のアルゴリズムにマッチしたランディングページ作りが行えます。

ブラウザアプリ向けのランディングページのデザインは、スマートフォンのディスプレイサイズに合った画像を用意し、モバイル回線でもスムーズに画像が表示されるようにします。画像のファイル容量が大きい場合、モバイル回線によっては表示までに時間が掛かってしまいますので、結果的にページにアクセスした人々が離れていってしまう恐れがあります。コンテンツが読み物として成立し、スムーズな閲覧環境が提供されている事が、ランディングページでの宣伝において大切な要素ですので集客力を高めて多くの人々に商品やサービスの宣伝を見てもらえるようにしていきます。スマートフォンで文章コンテンツを読む場合、あまり長い文になりますと最後まで読んでくれないといった事が起こりますので、スマートフォンでコンテンツを閲覧しても負担にならないような短文でコンテンツを組み立てていくようにした方がスマートフォンでの宣伝効果は高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です