まとめサイトから分析する有効なアプリのランディングページ

アプリのランディングページをデザインする上では確かに売れているアプリのランディングページやティザーサイトを参考にすると役に立ちます。ほとんど同じ機能を持っていてデザインにもあまり大きな違いがないのに、ユーザー数には大差があることも少なくありません。ダウンロードして購入してもらえるかという大きな課題があるのがアプリの販売であり、ランディングページのデザインがそれに大きな影響を与えています。そのため、優良ページを参考にしてワイヤーフレームを考えたり、テキストやイラストの大きさを調節したりするのが肝心です。

アプリのランディングページに関するまとめサイトを利用すると優秀なページについては網羅的に閲覧することができます。まとめサイトは主に個人が作成しているものであり、何を基準に選定しているかには注意しなければなりません。個人の主観によってデザインが秀逸であることを重視しているものもありますが、ダウンロード数や各種ランキングなどから該当するアプリのランディングページを抽出していることもあります。国内に限らず海外のものについても情報を集めることができるため、海外展開を行っていきたいというときにも参考にすることが可能です。また、そのようなデータベースサイトについてのまとめサイトもあり、広くデザイン見て目を肥やしたいというときに役に立ちます。

まとめサイトを使うと気軽にランディングページのデザインの参考にすることができますが、LP作成時のデザイン参考にはランディングページ制作会社のサイトを利用することも可能です。制作会社では自社が手掛けたページの事例を紹介していることが多く、顧客獲得のためにその社内の作品の中でも特に優れているものを掲載しています。単純に担当者のデザイン的な好みではなく、コンバージョン率が高かったものや売り上げの向上への寄与が大きかったものを選んであるのが特徴です。また、個々のデザインについてコンバージョン率が記載されている場合もあり、何がコンバージョンに影響するのかを分析するのにも役立ちます。ランディングページそのものを見ても良し悪しを判断することは難しいですが、コンバージョン率などの情報が付加されていることによってより良いデザインを目指す資料にしやすくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です