アプリのランディングページを制作するときのテンプレートの選び方

アプリのランディングページをデザインするときに簡便な方法としてテンプレートを手に入れて当てはめる方法があります。コピーライティングの原則に基づいて構成するのが基本なのでワイヤーフレームができてしまっていれば該当する素材を組み合わせていくだけで作り上げることが可能です。しかし、テンプレートにも様々なものがあるので、売れるランディングページを制作するためには選び方が重要になります。

アプリを売るためにLPを作る時のテンプレートとして最低限求められるのはスマホ向けになっていることです。無料でも有料でも手に入れることはできますが、世の中に流通しているテンプレートの多くはパソコンの画面向けになっています。しかし、ディスプレイサイズが極めて小さいスマホに対応すするためには縦横のサイズを意識したランディングページにしなければなりません。アプリの利用者として想定されるのがタブレットユーザーの場合にはタブレットのサイズに合わせることが肝心です。また、アプリの対応OSによって使い分けることも重要であり、それに応じて対応しなければならないディスプレイサイズにも違いがあります。小さな画面をフル活用しなければならないことから、それぞれの画面サイズに合わせたデザインにすることが欠かせません。その点も考慮してテンプレートを選ぶようにするとユーザーの目を引きつけやすくなります。

サイズだけでなく全体の構成にも違いがあることは留意しなければなりません。売れるランディングページにするためにはアクションを起こさせるためのボタンをどこに配置するかが大きな課題になります。パソコン向けの場合にはしばしば連絡フォームを一番最後に置いていますが、アプリを売る場合にはファーストビューに入れ込んでおくことが肝心です。スライドさせていくのは手間になりやすいのがスマホの特徴であり、購入したいと思ったときにすぐにボタンを押せるようにしておくことがコンバージョンを高めることにつながります。ファーストビューだけでなく、画面をスライドさせていったときにこまめに購入のアクションに必要なボタンはページ内リンクが施されているテンプレートを使用するのは基本です。アクションを起こさせなければ意味が無いのでユーザー視点で購入をしやすいテンプレートを選ぶのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です