売れるネット広告社のランディングページのコツ!

ランディングページとは、インターネットの広告で集客した見込み顧客を上手くその気にさせ商品の購入や会員登録などへ導くためのウェブページです。
ランディングページはWEB業界では主に、本サイトとは違う一枚完結型のウェブページであり、定めたユーザーの心をしっかりとつかむことに特化したページであるため、コツをしっかりつかんで作ればWEBマーケティングの成果を上げるための重要な施策になります。

ランディングページをどのように工夫すれば売れるネット広告社になれるか。
最近ではページを見つけたユーザーにしっかりと広告を読み取ってもらうために「漫画」という形で注目を集めるという手法も登場し、読者にとってただ面白いだけでなく、成功実績も多く出ているため多くの売れるネット広告社では漫画のランディングページ(LP)を作成しています。
それだけでなく、集客元であるインターネット広告との整合性が重要なポイントとなり、成果を上げるにはLPを集客元であるインターネット広告とのつながりを意識して作成することが成功へつながります。
インターネットの広告から流れてきたユーザーはキーワード検索した際に表示されていた広告文を「自分の欲しい情報がここにありそうだ」と感じアクセスしますが、整合性の取れていないLPは「思っていたのと違う」とされ、結果的にユーザーが離れてしまうという事が起こります。
つまり、売れるランディングページを作るにはインターネット広告運用者など集客元の情報を持った人物と連携をとる事が重要となってきます。

ではどのようにユーザーの興味を引けばよいか、というと、LPを開いたときに「この記事を読み進めていきたい」と思わせる事も重要となっています。
ユーザーの興味はページを開いてから下に読み進めれば進むほど、だんだんとその情報への興味が失せて離れて行ってしまうため、ランディングページを読み進めたユーザーが「この記事が良さそう」→「もっと詳しく見てみよう」→「素敵!これにしよう!」の流れの様に、ユーザーの心を掴む流れを考えてLPを作る必要があります。
この事を考え、LPを作る際に勝負になるのは最初にユーザーの目に入る画面にどれだけユーザーの欲している情報が入っているかで決まります。
ユーザーの目に最初に入る画面(ファーストビュー)を上手く構成し、どれだけ手短にかつ情報量が多いかを工夫して作成すれば、ユーザーがランディングページを読み進める確率が確実に上がるでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です