梶野というノーベル賞受賞者はいるのか

ゲームのカジノと同じ発音をする梶野という人がノーベル賞を受賞したことはまだありません。もちろんこれから先に同じ名前の人が受賞をするという可能性は否定できず、近い将来受賞をするということもありえます。しかながら現段階での梶野という受賞者は一人もおらず、文学賞に物理学賞や平和賞などあらゆる分野を見ても梶野という受賞者はいないのが現状です。カジノが合法化されるまでに受賞者が現れるのか、あるいはその前に現れるのかは定かではありませんが、日本はまだ世界の中でもトップクラスの技術力を持っている国ですから、その中の優秀な研究者が受賞するということは特段珍しいことではありません。様々な研究を行っている人の中で梶野さんという人が優秀な研究結果を発表すればノーベル賞受賞も夢では無いのです。

ノーベル賞を受賞するためにはどんな研究をすればよいのかといえば、化学賞や物理学賞の場合には新たな発見を行い、それらが社会に役立つ発見であったか否かが受賞する基準となります。多くの人々に利益を与える発見ならば受賞できる確率は高くなります。受賞者はこの賞を受賞したいという下心を持って研究に取り組んでいるのではなく、誰かの役に立ちたいという気持ちを持ち続けて研究を続けた結果受賞したという人が圧倒的に多くなっています。平和賞や文学賞も同様であり、平和賞の場合には多くの人々の命を助けてきた人が、文学賞の場合は多くの人に感動を与えた人物が受賞の対象です。どの分野の賞も優秀な梶野さんという人物さえ現れればその人が受賞できる可能性も高まり、日本人ノーベル賞受賞者の人数も増えるのです。

ノーベル賞は受賞すると賞金とメダルをもらうことができます。優秀な結果をおさめると賞金がもらえるというのはカジノにも共通する点があります。受賞者はスウェーデンのストックホルムへ出向き、そこで受賞式を行うことになりますが、メダルは初めてその時手渡されることとなります。受賞した人は簡単なスピーチを行うことになり、英語ができる人ならば英語で、そうでない場合には母国語でスピーチをします。日本人受賞者もストックホルムで実際にスピーチをした人が多く、そこでは受賞の喜びと招いてくれたことに対して感謝の気持を伝えます。梶野さんが賞を受賞しても同じように授賞式を行い、スピーチをするので世界中から注目されます。ノーベル賞は受賞する前段階である程度の候補者が予測されているので、梶野さんが受賞濃厚となった時には必ずその候補に名前があがります。