ハウステンボスはカジノ誘致に積極的

国内でも有数のテーマパークとして知られているハウステンボスでは、アミューズメントカジノのサービスが提供されており、実際のルールと同じゲームをそこでプレイできます。もちろんお金を賭けることは不可能ですが、本格的なディーラーがサービスをしてくれるので一定の緊張感があり、遊びがいがあります。1回あたりのプレイ料金はチップを買うことで遊べるので、チップがなくなれば買い足すことでプレイし続けられます。もちろんチップが増えればその増額分でプレイを楽しめるので、一度カジノに行ったことがあって実戦感覚がある方ならばハウステンボスのカジノでも通常と同じように楽しむことが可能です。実戦感覚の養成はもちろんのこと、雰囲気だけでも楽しめるので家族連れでプレイを楽しみに行くことが出来ます。

ハウステンボスは実際のカジノ誘致にも積極的です。広大なテーマパークには毎年多くの観光客がやって来るので、集客力も抜群で収益が見込める可能性が高いからです。長崎県は全国の地方と同じように少子高齢化の問題が懸念されており、県内の生産人口が減ってしまうと税収そのものが少なくなってしまうので、それを食い止めるために誘致を検討しているのです。まだまだ空き地もいっぱいあるので新規にホテルや施設を建設しても余裕があり、周辺は観光街となっているのでホスピタリティ精神も抜群で、急にカジノの施設が出来てしまっても難なく周辺住民が対応に当たれるというのも強みの一つです。近い将来日本国内でカジノが解禁となれば、多くの海外企業や国内企業を誘致する準備が整っているので現在では誘致に向けて盛んに議論がされています。

ハウステンボスはエキゾチックな雰囲気に包まれているので、誘致をするためにはこの上ないふさわしい場所です。開放感もあり海外からやってくる観光客の評価も高く、エリア全体が楽しい雰囲気になっているので、カジノが出来ても国内外から多くの人々が楽しみにやってくる事が予想されています。収益は数千億単位になるので、周辺経済の活性化にもつながり、雇用が多く生まれ人々が潤うというメリットがあります。ハウステンボスの周辺自治体では職を求めて若者が都会へ離れていくという実情もありますが。遊戯施設の誘致によってこれらの問題も大幅に解決出来ます。雇用情勢の改善や税収アップのためにも地域企業や公共団体が一眼となって誘致に取り組んでいます。ハウステンボスのカジノ誘致は国内の自治体の中でもかなり盛んです。