カジノでの上客、ハイローラーとは

カジノは誰でも遊ぶことができる場所です。ある程度の掛け金を持ち合わせていれば、腕や運次第でマネーを増やして長く楽しむことができます。マネーを増やしたい気持ちと掛け金がなくなる不安から、少額ずつかける方も多くいらっしゃいます。しかし、大きな金額を惜し気もなく賭けるハイローラーと呼ばれる方々もいます。ハイローラーについては特に基準はありませんが、いわば上客のような存在です。そう呼ばれるからには大金を使い遊び続けなければなりません。海外だった場合は滞在日数が長引くケースも多くあるようで、ハイローラーはそれを覚悟でカジノへ赴いています。ラスベガスでは最低額1000万円からがボーダーとなっているようで、一般人には未知の世界といえます。楽しく遊ぶの定義も個人により異なることが分かります。

ネットカジノ 始めるなら!
2018年最新版オンラインカジノランキングはこちら

ハイローラーと呼ばれることで生じるメリットがあります。ホテルに無料で宿泊できたり、提携している飲食店は無料で利用できたりとVIP待遇となるのです。カジノ側に認められなければならないので、そうなるまでには相当な金額を使い込むことになります。もちろんカジノ大国であるラスベガスやマカオではそうした待遇が当然です。全てのハイローラーが平等ではなく、その中でもまた待遇が分けられているようです。飛行機のファーストクラスやスイートルーム、移動費用やショーのチケットまでも無料ということで待遇の多さには驚かされます。一般客でも様々なサービスを受けることはできるので、カジノを体験してみるのも良いでしょう。何泊かするのであれば、カジノを経由することで今まで以上に旅行を楽しむことができそうです。

ハイローラーになりたい、しかしそのためには大金で遊び続けなければならないと矛盾点があり、待遇面も考慮してどちらが良いのか個人なりに考えるべきところでしょう。一晩で大金を使うので、考えもなしにやっていてはリスクが及ぶだけです。さらに最高レベルの上客はウェールと呼ばれており最低掛け金が1億円だそうです。その上をいくメガウェールも存在し、カジノの売上げに大きな影響を与えているのです。上客は一人当たりが落としていく額が大きく特別であり、利益に直結するとも考えられています。大金が動くため、ウェール次第ではカジノ経営が危うくなることもあるそうです。ここまでくると恐れられる存在として位置づけられます。上客を目指す場合にはまず資金調達が重要です。大金を使いまくり目立つ大物として自分を売り込むのです。