東京では初心者がタクシー業界へ転職しやすくメリットも多い

初心者が東京でタクシードライバーへ転職するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。実際、東京は他の都市と比べ、未経験でもタクシードライバーに転職することは比較的容易な傾向があります。その理由として、人口が多いだけでなく、他県から電車で通勤する方が多い一方で、日中のビジネスシーンや夜間の歓楽街でのレジャー後のタクシー利用率が他の地域に比べて高いことがあります。また、近年では訪日外国人観光客が観光にタクシーを利用する機会も増え、ますます需要が増大しているのです。さらに、東京では山手線などの主要路線が止まるとタクシー需要が跳ね上がる傾向があります。需要が多いということは、初心者であってもタクシードライバーに転職し売り上げを上げるチャンスがあるとも言えます。

このように初心者でも転職が可能な東京のタクシー業界ですが、転職がしやすい以外にも転職者自身へのメリットは数多くあることは意外と知られていません。例えば、勤務形態として、隔日勤務が選べるという点。これは1日勤務した翌日が休みとなるもので、勤務日の勤務時間は20時間程度と長くはなりますが、休みを多くとれるということで、若手から家族を持つタクシードライバーに至るまで人気のある勤務形態です。実際休みが多いので家族サービスがしやすくなったり、資格取得などの自己啓発にも取り組みやすくなったという口コミも聞かれます。

また、近年では前職の経験を活かし高い報酬を得ているドライバーもいます。例えば英語や中国語に堪能であれば、外国人観光客向けに観光タクシーサービスを提供することができます。外国人観光客にとっては、東京都内の観光地を効率よく巡りたいため、1日や場合によっては数日貸し切りで利用するケースもあり、高い売上げが得られやすいです。さらに外国語コミュニケーション能力が高ければ、観光ガイドとしてさらなる付加価値提供での収入も見込めるでしょう。介護士の方がタクシードライバーに転職し、介護タクシーで活躍されている例もあります。東京都内は意外と知られていませんが、高齢者が多く、買い物や病院といったタクシー需要は大きいです。介護の資格があれば、丁寧かつ専門的な接客が行え、リピーターとして繰り返しタクシーを利用してもらい、売上向上につながるでしょう。初心者であっても東京ではタクシードライバーとして活躍できる裾野は着実に広がりつつあるのが現状です。