タクシードライバー初心者が覚えておきたいテクニック

これからタクシードライバー初心者として仕事をするうえで、楽しみと同時に不安を覚えている人も多いかもしれません。初心者の場合には、まずは仕事に慣れることが第一ですが、少しずつ仕事に慣れてきたら、売り上げを意識し始めることも重要です。しかし売り上げをあげたいからといって、やみくもに仕事をしたとしても、売り上げが上がることはありません。まずは初心者として、しっかりとした考え方を身につけることが重要です。タクシードライバー初心者が一番に課題としてあげたいことは、現在の不安を目標や行動に変えることです。タクシードライバーになりたいと思ってなったけれども、きちんと稼げるかどうか、道を覚えられるかどうか、乗客を獲得することができるのかなど、様々な心配を抱えている人は多く見られます。しかし実際にタクシードライバーとして何年も働いている人の多くも、このような悩みを最初は持っていたのです。

タクシードライバー初心者は、テクニックを覚えるよりもまず最初に目標を設定することが重要です。どのような仕事にも言えることですが、目標が存在していなければ、それに向かって努力をすることもなくなり、何の問題も解決することができません。売り上げが得られるかどうか心配だという場合にも、その売り上げ自体に目標を設定するようにしましょう。とはいえ達成しないことがわかりきっている目標を設定したとしても、反対にそれがストレスになってしまうことでしょう。このような場合には、初心者にはこれぐらいがよいだろうと思える目線にあった目標を立てることが重要です。初心者のタクシードライバーであれば、1日5万5000円ほどを目標にするとよいでしょう。

この目標を達成するためにも、タクシードライバーの初心者が、乗客と多く出会えるためのテクニックを覚えておくことも重要です。テクニックの一つ目には、基本的には左側を走ることを覚えておきましょう。タクシーを利用するお客さんは歩道にいるため、右車線を走っていては利用しにくくなってしまいます。また信号で停車する場合には、先頭で停まれるように意識すると良いでしょう。信号待ちのタクシーを見つけてくれるお客さんは以外にも多いものです。先を急ぎ過ぎるのではなく、信号待ちになるタイミングを見極められるようになるとよいでしょう。またとにかく走ることもテクニックの一つと言えます。車を停めてお客さんを待つ行為もよいかもしれませんが、初心者の場合には街や道をまだ完全に覚えていないでしょう。まずは街や道を覚えることを意識して、とにかく走ることを意識するようにしましょう。