タクシードライバーになりたての初心者がやりがちな失敗

タクシードライバーになりたての頃には、様々な失敗をしてしまうことがあります。他の仕事でも同じですが、慣れないうちは勝手が分からず失敗してしまうのも仕方のないことですので、めげずにどんどん吸収していくことが大切です。最初の心構えとして覚えておきたいのは、タクシードライバーの仕事に慣れることです。慣れるためには、できるだけたくさんのことを経験する必要があり、誰でも少し時間がかかります。初心者はタクシードライバーとして早く一人前になりたい気持ちがとても強いので、なかなか長い目で見ることができませんが、一日一日の業務を大切にしながら経験を積み重ねることを目標にしましょう。

初心者がタクシードライバーとしてやっていくためには、土地勘をつかむことが欠かせません。乗車したお客さん達は、ドライバーさんが道を知っていて当たり前だと考えています。混雑していたら正規ルートではなく別のルートを探さなければなりませんので、一つだけ知っていれば良いわけでもありません。最初は初心者にとっては道をスムーズに選択するのがとても難しく、焦れば焦るほど誤ってしまいます。特に道が入り組んでいる都心の方では、巨大な迷路のように思えてしまうものですが、何度も通っているうちに自然と覚えてしまいますので、過度な心配はせずに回数をこなしましょう。

知らない道を通る時、本当に合っているのかと不安になります。しかし、知らない道をいつまでも通らなければ、いつまで経っても新しいルートを知ることができません。一人前のタクシードライバーとしては失敗も必要ですし、通ってきた道を何度も繰り返して復讐することも大事です。このような当たり前のことを面倒臭いと思わずに実践できる人なら、短期間のうちに一人前のドライバーになれます。昔から習うより慣れよと言いますが、タクシードライバーの仕事でもそのような気持ちで臨むのが基本です。

乗車するお客さんは、ドライバーが初心者なのかベテランなのかを知りません。ですから、求めるレベルが自然と高くなってしまって、そのレベルに達していないことで怒らせてしまうこともあります。最初から初心者だと伝えておけば道が分からなくても強く非難されることが無く、ドライバー自信も落ち着いて運転できます。初心者はプロとしてのスキルや知識がまだ足りない状態ですので、少しでも気持ち良く過ごしてもらうために、笑顔で元気な接客を心がけることが大切です。