タクシードライバー初心者の接客法

タクシードライバーのお仕事は運送などではなく接客が主です。
個人タクシーにおいては接客は特に重要で、何故重点を置くかを説明しますと、お客様がリピートしてくれるかどうかにかかってくるからです。会社に雇われてお仕事をするタクシー運転手の場合、初心者であってもきちんと研修を受け、安全にお客様を指定された場所まで送り届けることが出来れば現時点においては問題は生じません。ですが、個人タクシーになりますと指名と言う形でタクシーの配車を望む方がお客様になるので接客にかなり力を入れているのです。

では、タクシーでの接客初心者が気を付けるべき点について解説をします。
ポイントはお客様を怒らせないことが重要で、何故タクシー運転手はお客様を怒らせてしまうかを説明しますと、多くは、道を間違える、イライラしているお客様を乗せて、要望に応えることが出来なかった場合において怒られてしまうことが多いです。道を間違える点については、現在ではカーナビゲーションをタクシー会社では採用しており、カーナビに従い移動することが多く、理由としては運転手が遠回りをしているという印象を与えないようカーナビに従い運転をしますので、ナビゲーションシステムに従わなかったことで怒られるとみてよいです。ただし、必ずしもカーナビゲーションが正しいと言えず、渋滞を引き起こす可能性などは人間が判断しますので、渋滞を起しそうであると判断した場合、タクシードライバーの判断でナビに従わないという手法を取ることも一つの手段で、その場合、お客様に渋滞を起こしそうなので道を変更することを伝えると初心者のドライバーでもお客様は配慮してもらえるはずです。

最後に接客のうまいタクシー運転手の利点について説明します。
先ほど、タクシー運転手は個人においては指名により配車を望まれると言いましたが、接客がうまい運転手ほどお客様を怒らせることは無く、むしろ笑顔にしたり、楽しませる手段を知っています。その為、指名をしてでも乗りたい運転手として活躍しているのが個人の運転手さんになるのです。もちろんこの手法は個人のタクシードライバーだけではなく、会社で雇われのみのタクシードライバーも同様でお客さまを怒らせることなく、むしろ笑顔にしたり楽しませることが出来るドライバーほどお客様から直接指名を受け業務を遂行します。このようにお客様とのトラブルを避けることが出来るのも接客を重点に置いているがゆえ出来る手法であり、メリットを得ると考えるのであれば、タクシードライバー初心者のうちから接客を学ぶ必要があります。