50代のタクシー運転手初心者の働き方

・中年期にも挑戦しやすい仕事
転職は若いときにする人が多くなっており、50代ぐらいになると転職を考える人はかなり少なくなります。とはいえ、本人が辞めるつもりがなくても、経営難から解雇される、リストラの対象になるという人は少なくありません。そして、健康上の理由などで今の仕事を続けるのは難しくなり退職する人もいます。とはいえ、50代ではまだまだ年金も受け取ることはできませんし、何等かの仕事を探す必要が出てきます。50代の仕事として注目されているものにタクシー運転手があります。中年期から転職を成功させることは簡単ではありませんが、タクシー運転手は年齢に関係なく活躍できる仕事として人気です。実際に活躍しているタクシー運転手は50代後半が多いとされていますので、初心者も安心して挑戦できるのではないでしょうか。

・タクシー運転手になるための条件
50代で、タクシー運転手になるためにはどんな条件があるのかも知っておきたいところです。タクシードライバーになるための必要な資格は二種免許です。自分の車を運転するのに必要な資格は第一種免許で、事業としてお金を稼ぐために運転する場合は第二種免許を取得することになります。二種免許を取得するための条件は年齢は満21歳以上で第一種免許を取得から3年を過ぎていることが条件です。すでに免許を取得して何年も経っているという場合は、挑戦してみてはいかがでしょうか。試験には学科試験と技能試験があり、学科試験はマークシート式で全部で95問用意されています。技能試験では教習所内の試験と、路上での試験があります。都市部で活躍を期待するのであれば、地理試験に合格する必要もあります。お客さんを安全かつ迅速に目的地に送るためには営業区内の地理に詳しいことも大切ですので、こちらもしっかり勉強しておきましょう。

・タクシー運転手初心者の年収はどれぐらいか
50代からタクシー運転手に転職するなら、どれぐらいの年収が得られるかも気になるところです。初心者のタクシードライバーでは、どれぐらいの年収になるかも知っておきたいところですが、タクシー運転手の平均的な年収は300万円程度となっており、初心者の場合は、より安く初期では年収200万円程度ともいわれています。高収入というわけではありませんが、生活をしていくうえでは十分な収入ともいえます。働く場所によってはより高収入も期待できますし、経験を重ねるうちに年収アップすることも期待できます。