タクシードライバー初心者ならこの選び方で転職を成功させよう

タクシードライバーに転職するにあたっては、なかなか一歩が踏み出せない人もいることしょう。特にドライバー初心者であれば、収入のことや仕事の内容あるいは体力的なキツさや福利厚生など、不安も尽きないはず。この点、タクシー会社の選び方しだいでは、初心者でも転職を成功させることは十分に可能です。例えば採用後から1ヶ月ほどで、即戦力のドライバーとしてバリバリ稼ぐこともできます。実際に入社1年目で、都内中小企業の30代サラリーマンの平均年収を上回るケースも、決して珍しいことではありません。その一方で、マイペースで営業しているシニア世代や女性のドライバーも沢山います。このようにタクシードライバー初心者であっても、会社の選び方ひとつで、不安なく快適に働ける環境を実現できるのです。ではどのようなポイントに気をつけて、タクシー求人を選べばよいのでしょうか。次に会社の選び方について説明していくことにします。

まず会社を選ぶ際に真っ先に気になるのが、給与面でしょう。特にタクシードライバーには、実力で左右される歩合制の給与システムを採用している会社がほとんどなので、経験やスキルで劣る初心者は慎重な判断が求められます。そこで会社選びのポイントになるのが、給与面でのサポート体制です。会社によっては入社後3ヶ月から6ヶ月は、給与保証をしてくれるケースもあります。また歩合率の高い会社を選ぶことも重要。このような会社は、専用タクシー乗り場や無線配車の豊富さ、タクシーチケット契約の法人数や専用アプリのダウンロード数の多さなど、売上に直結するような稼げる仕組みが充実するからです。

初心者が安定した収入を確保するには、できるだけ短い期間で仕事に慣れることも大切。それが遅れるほど売上が伸びない期間が長くなるので、収入にも不安がつきまとうことになるからです。そこで、研修制度が充実した会社を選ぶことが、次に大切なポイントになります。このような会社の研修では、単に地理や運転技術を指導するだけでなく、お客さんの多いエリアや時間帯あるいは接客スキルなど、常に売上につながる方向で研修が進みます。これなら初心者でも研修後は直ぐに、即戦力のドライバーとして活躍できるでしょう。

いくら収入が良好でも心身に負担をかけすぎて、仕事が継続できなくなれば意味がありません。このため、無理なく働ける環境があるのか見極めることも、会社選びでは不可欠になります。タクシードライバーは深夜勤務を含めた、隔日で働くパターンが一般的です。そこで、勤務の翌日は必ず明番で休めるのか、法定外の残業はないか、無理なローテーションで連続勤務にならないか等、勤務環境をしっかりチェックしなければなりません。優良な会社であれば、公休日の多いローテーション制度をはじめ、法定外残業の厳禁や休憩時間の厳守など、ドライバーの負担が少ない勤務環境が整います。